チェリスト・細谷公三香について /
About Kumiko Hosotani

兵庫県出身。

ヴェローナ音楽院に学び、首席で卒業。その間イタリアにて数々の室内楽コンクールで優勝、室内オーケストラ ‘La Risonanza’ の首席を務めイタリア各地、ロシアでツアーを行う。又ヴェローナアレーナオーケストラと共演。その後ザルツブルグモーツァルテウム大学院に入学、ザルツブルグ音楽祭に参加。

2008年から2011年まで兵庫芸術文化センター管弦楽団に在籍。在籍中アフィニス音楽祭に参加。

その後ミュンヘンにて研鑽を積み、2013年に帰国リサイタルをはじめ、定期的にリサイタルを行う。またソロにとどまらず、全国各地のオーケストラに客演、チェロアンサンブル、室内楽シリーズの出演など幅広く演奏活動を行っている。

2015年4月より新しく創設されたオーケストラジャパンに在籍。

これまでに斉藤建寛、林俊昭、エンリコ・ブロンズィ、ウェン=シン・ヤンの各教授に師事、ヨーロッパ各地のマスタークラスに参加し、フランス・ヘルマーソン氏、クリストフ・ヘンケル氏などのレッスンを受講。


メニュー / MENU

細谷公三香の公演スケジュール

SCHEDULE

今後の公演予定やチケット情報はこちらから。

細谷公三香の過去の公演、ギャラリー、アーカイブ

GALLERY & ARCHIVES

これまでの公演データや映像を掲載しています。

とてもヨーロッパのにおいがする。それが彼女を最初に聴いた時の印象だった。
音楽にも幅と、奥行きと、高さがあり、音の空間が生まれる。この音の空間こそが、ヨーロッパのにおいの元だと思う。

たった一人で無伴奏のバッハを、彼女がオーディションで弾いた時、とてもその空間の広い演奏だった。日本人であることを忘れず、さまざまな国で勉強を重ね、それぞれの場所の良いところを自分の血や肉、音に変えていく。

細谷は世界が広いことも、そしてそれぞれの国の持つ、美しさの最大公約数も知っている。まさに今の時代で育ったチェリストだと思う。

佐渡 裕(指揮者)

お問い合わせ / Contact

公演に関するお問い合わせ・レッスンのご依頼など、どうぞお気軽におたずねください。